オーストラリアでは結婚せずに子供を産むって本当?

オーストラリアでは結婚せずに子供を産むって本当?

旅中にとっても興味深いオーストラリアと日本の違いを発見しました。

結論から言うと、

オーストラリアは結婚せずに子供を持つカップルが少なくないということです。

いわゆる事実婚で子供がいるパターンですね。

以前、前澤友作さんが事実婚で子供がいるというニュースが話題になりました。そんなことがオーストラリアでは珍しくないということですね。

日本とオーストラリアの事実婚に対する考えの違いが明確になったデータがあったので、そちらをご紹介したいと思います。(参考資料)

豪州と日本の結婚せずに子供を産む率

日本では結婚する前に子供を授かった⇨結婚。というパターンはよくあります。しかし、子供を授かった⇨未婚のまま子供を育てるという話はあまり聞きませんよね。

皆さんのご感覚の通り、日本での籍を入れていない状態で出産する率は極めて低く、2-3%になります。

しかし、オーストラリアの籍を入れていない状態で出産する率はなんと約40%です。

籍を入れていない状態で出産したなので、出産時に以下の場合だとカウントされています。シングル・ただの同棲中(つまり結婚していない)・離婚している・旦那さんが他界

This includes births to mothers who are single or who are cohabiting with a partner outside of marriage, births to mothers who are divorced or widowed, and births to mothers who are living with a partner in a “common-law” or “de facto” union (unless their legal marital status at the time of birth is also ‘married’).”

他の国は??

この動画内でこの件について問いかけてみました。すると、シドニーでできた色んな国の友達が反応してくれて、逆に日本が特殊なんだということが判明しました。

(引用:参考資料

このグラフは各国の籍を入れていない状態で出産した割合(2016年)を表したグラフです。

10%を切っているのは、ギリシャ、イスラエル、トルコ、日本、韓国だけなんです!ヨーロッパの国々では平均約40%と少し、OECD国(※1)では40%のカップルが籍を入れていない状態で出産しているようです。

※1:経済協力開発機構加盟国:イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、オランダ、ベルギー、ルクセンブルク、フィンランド、スウェーデン、オーストリア、デンマーク、スペイン、ポルトガル、ギリシャ、アイルランド、チェコ、ハンガリー、ポーランド、スロヴァキア、エストニア、スロベニア、ラトビア、日本、アメリカ合衆国、カナダ、メキシコ、オーストラリア、ニュージーランド、スイス、ノルウェー、アイスランド、トルコ、韓国、チリ、イスラエル)

まとめ

正直、これを知るまでは『結婚せずに子供を持つって、なんか・・・どうなの?』と思っていました。でもこれも一つのパートナーのカタチであって、人に迷惑をかけていないので、今では全然アリだと思っています。

つまり、この記事を通して伝えたいことは海外に出て、日本の常識が海外では非常識になることもあって、面白いよ!ということです。ぜひアナタも海外に出て新しい発見探してみてはいかがですか?

もっと詳しくオーストラリアについて知る方法は?

CTA-IMAGE チャリでシドニーから時計周りで一周中! しかも1週間に使える予算はYouTubeの再生回数に基づく!(現在、一時日本に帰国中ですが、必ずいつかゴールします。) まだまだ誰も知らないオーストラリアを先取りしたい方はぜひチャンネル登録よろしくお願いします!