英語で『できるだけ~する』は?多くの日本人が知っているのにない【初心者英語勉強】

英語で『できるだけ~する』は?多くの日本人が知っているのにない【初心者英語勉強】
⇧動きのある説明で読むよりわかりやすいのでよかったらどうぞ!

今回のネイティブフレーズ

I’m going as fast as I can!

できるだけ速く行ってるよ!

習得するとこんな場面に役立つ!

『できるだけ』、『できる限り』、『なるべく』~する

を表現できるようになります!

(例) 

なるべく早く行きますね!

できる限り正確に調査してくれ。

コロナウイルスが流行っているからできるだけ外に出ないようにしよう。

ネイティブはこうやって使う!

このフレーズはホームカミング・スパイダーマンという映画で出てきました。

どんなシーンかと言うと、倒れかけている高いタワーの上に人がいます。彼らを助けるために、スパイダーマンはタワーをよじ登っていきます。スパイダーマンのスーツにはAIアシスタントが付いていて、そのAIがあと『10分でタワーが崩壊します。』的なことをスパイダーマンに伝えました。その際に、

I’m going as fast as I can!

できるだけ速く行ってるよ!

と言ったんですね!

頭に定着させるために解説します!

キーになるのは、as 副詞 as I can.です。

これで、『できるだけ』、『できる限り』、『なるべく』を表現することができます。副詞というのは、名詞以外の品詞を修飾する役割を持っています。副詞について詳しく知りたい方は以下の動画で説明していますので、良かったらどうぞ。

I’m going as fast as I can.の副詞はfastですね。

fastは速くという副詞です。なので、 as fast as I canでできるだけ速くという意味になります。そのため、fastを他の副詞に変えてあげることによって、できるだけ●●の●●の部分を変えることができます!

いくつか例文を用意しました⇩

☆なるべく早く行きますね!

I will go as early as I can!

(earlyが早くという副詞)

☆できる限り正確に調査してくれ。

Please, do research as precisely as I can.

(preciselyが正確にという副詞)

☆コロナウイルスが流行っているからできるだけ外に出ないように決めた。

I decided not to go out as much as I can because of coronavirus.

(muchが多くという副詞。日本文のどこに多くという単語があるの?と思われるかもしれませんが、『できるだけ多く外出しない』と解釈することができるので、muchを使っています。)

as 副詞 as I canの言い換え

as 副詞 as I canはas 副詞 as possibleに言い換えることができます!

なので、I’m going as fast as possible!と言うことも可能です。

以上です。

ネイティブの表現を自分のものにしてカッコいい英語を話せるようになりましょう!

スピーキングリスニングUPさせる意外な方法はコレ!

洋画に出てくるネイティブの表現をマネするだけ。

 
表現を自分のモノにして、スピーキング&リスニングスキルをUPさせよう!
表現を知っていなければ、言えないし、聴き取れもしない
あなたのスマホ、タブレット、PCでいつでも、どこでも映画やドラマを観れる
動画見放題サービスを使って効率よく本物の英語を楽しく習得しよう。
 
以下のサービスなら2週間~1ヵ月の無料お試し体験受付中です!※初回限定
※アナタに合わないと思えば、無料期間中に解約すればOK!料金は発生しません。
※日本で英語字幕機能があるのはNetflixとHuluのみ➡ネイティブが何と言ったか確認できる!
※全サービス日本語字幕機能付き
 

Netflix

月額800円 英語字幕機能付き。

Hulu

月額933円 英語字幕機能付き 最新国内ドラマ・バラエティの見逃し放送付き。

詳しくは画像をクリック⇩

U-Next

月額1,990円 最新国内ドラマ・バラエティの見逃し放送付き。

詳しくは画像をクリック⇩

もっと詳しくオーストラリアについて知る方法は?

CTA-IMAGE チャリでシドニーから時計周りで一周中! しかも1週間に使える予算はYouTubeの再生回数に基づく!(現在、一時日本に帰国中ですが、必ずいつかゴールします。) まだまだ誰も知らないオーストラリアを先取りしたい方はぜひチャンネル登録よろしくお願いします!