failは堅い!『失敗した!』をカジュアルに表現する3つの方法【初心者英語勉強】洋画のネイティブ表現を解説!

failは堅い!『失敗した!』をカジュアルに表現する3つの方法【初心者英語勉強】洋画のネイティブ表現を解説!
⇧動きのある説明で読むよりわかりやすいのでよかったらどうぞ!

今回のネイティブフレーズ

I screwed up.

失敗した!

習得するとこんな場面に役立つ!

失敗した!とネイティブっぽくカジュアルに言いたい場合に役立ちます!

今回はscrewed up以外の失敗したを紹介させていただきます。

ネイティブはこうやって使う!

このフレーズはピクセル(Pixcels)という映画のワンシーンで出てきました。

主人公が昔やってしまったミスについて話しているときに、

I screwed up.

失敗した!

と言いました。主人公はフランクな英語を使うキャラです。なので、極端に言うと失敗しました。ではなく、失敗しちまったぜ。みたいな感じです。

頭に定着させるために解説します!

screwはネジ、ぐちゃぐちゃに潰すなどという意味があります。

そこから派生して覚えることができます。

ぐちゃぐちゃに潰す⇨台無しになる⇨失敗する(screw up)

他の失敗した!という表現

もちろん、I screwed up以外にも失敗した!という表現がありますので、紹介していきます。

I failed.

『失敗』と辞書やGoogle翻訳で検索するとfailが出てきます。しかし、これは少し堅い感じがします。カジュアルではないことは間違いないと思います。(もちろん、全然伝わりますので使えますよ!)

I made a mistake.

これは大学の時に『失敗した。』って何て言うの?とアメリカ人の先生に訊いて、教えてもらったフレーズです。恐らくカジュアルすぎず、フォーマルすぎずといったところでしょう。

I messed up.

これもI screwed up同様、カジュアルな表現です。これが友達間などのフランクな関係では一番聞いた『失敗した』です。

以上です。

ネイティブの表現を自分のものにしてカッコいい英語を話せるようになりましょう!

スピーキングリスニングUPさせる意外な方法はコレ!

洋画に出てくるネイティブの表現をマネするだけ。

表現を自分のモノにして、スピーキング&リスニングスキルをUPさせよう!
表現を知っていなければ、言えないし、聴き取れもしない
あなたのスマホ、タブレット、PCでいつでも、どこでも映画やドラマを観れる
動画見放題サービスを使って効率よく本物の英語を楽しく習得しよう。
以下のサービスなら2週間~1ヵ月の無料お試し体験受付中です!※初回限定
※アナタに合わないと思えば、無料期間中に解約すればOK!料金は発生しません。
※日本で英語字幕機能があるのはNetflixとHuluのみ➡ネイティブが何と言ったか確認できる!
※全サービス日本語字幕機能付き

Netflix

月額800円 英語字幕機能付き。

Hulu

月額933円 英語字幕機能付き 最新国内ドラマ・バラエティの見逃し放送付き。

詳しくは画像をクリック⇩

U-Next

月額1,990円 最新国内ドラマ・バラエティの見逃し放送付き。

詳しくは画像をクリック⇩

もっと詳しくオーストラリアについて知る方法は?

CTA-IMAGE チャリでシドニーから時計周りで一周中! しかも1週間に使える予算はYouTubeの再生回数に基づく!(現在、一時日本に帰国中ですが、必ずいつかゴールします。) まだまだ誰も知らないオーストラリアを先取りしたい方はぜひチャンネル登録よろしくお願いします!