彼女はオレのものにならない人だ。と言えますか?関係代名詞を使えば簡単に言えます。【初心者英語学習】洋画のネイティブの表現を解説!

彼女はオレのものにならない人だ。と言えますか?関係代名詞を使えば簡単に言えます。【初心者英語学習】洋画のネイティブの表現を解説!
⇧動きのある説明で読むよりわかりやすいのでよかったらどうぞ!

今回のネイティブフレーズ

She is someone who can’t be mine.

(彼女はオレのものにならない人だ。)

習得するとこんな場面に役立つ!

関係代名詞をコミュニケーションに使えるようになります。

英語はコミュニケーションを取るのが目的なのに、やれ先行詞だの、目的格、主格、接着剤・・・そんなことを考えながら話せないですよね!なんでまずはどのようなときに使えるかを考えていただきたいんです。

関係代名詞は人やモノの説明を付け加える役割をします。例えば、

この人は成績トップの営業マンです。(“成績トップの”が営業マンを説明)

彼女はモデルになるべき女の子です。(“モデルになるべき”が女の子を説明)

もちろん、この人は営業マンです。この人は成績トップです。と2文に分けて説明してもいいんですが、関係代名詞を使うことで、このように補足情報を付け加えるカタチで1文で伝えることができます。

ネイティブはこうやって使う!

She is someone who can’t be mine.

(彼女はオレのものにならない人だ。)

このフレーズはNotthing Hill(ノッティングヒルの恋人)という映画のワンシーンで出てきました。

ハリウッド女優とロンドンの小さな町に住む男性がひょんなことから出会い、恋に落ちていくという話なのですが、2人の格差から上手く行ったり、行かなかったりします。

すると男性が『やっぱりオレがハリウッド女優と付き合うなんてありえないんだ!』という感じでShe is someone who can’t be mine.(彼女はオレのものにならない人だ。)と言ったのでした。

頭に定着させるために解説します!

She is someone who can’t be mine.の解説をします。

someoneは誰か、人という意味の名詞です。そしてwho can’t be mineがsomeoneを後ろから説明しているのです。

can’t be mineで私のものになることができない。

※be:なる

※mine:私のもの

つまりsomeone who can’t be mineで私のものにならない人という意味になります。

以上です。

ネイティブの表現を自分のものにしてカッコいい英語を話せるようになりましょう!

スピーキングリスニングUPさせる意外な方法はコレ!

洋画に出てくるネイティブの表現をマネするだけ。

 
表現を自分のモノにして、スピーキング&リスニングスキルをUPさせよう!
表現を知っていなければ、言えないし、聴き取れもしない
あなたのスマホ、タブレット、PCでいつでも、どこでも映画やドラマを観れる
動画見放題サービスを使って効率よく本物の英語を楽しく習得しよう。
 
以下のサービスなら2週間~1ヵ月の無料お試し体験受付中です!※初回限定
※アナタに合わないと思えば、無料期間中に解約すればOK!料金は発生しません。
※日本で英語字幕機能があるのはNetflixとHuluのみ➡ネイティブが何と言ったか確認できる!
※全サービス日本語字幕機能付き
 

Netflix

月額800円 英語字幕機能付き。

Hulu

月額933円 英語字幕機能付き 最新国内ドラマ・バラエティの見逃し放送付き。

詳しくは画像をクリック⇩

U-Next

月額1,990円 最新国内ドラマ・バラエティの見逃し放送付き。

詳しくは画像をクリック⇩

 

もっと詳しくオーストラリアについて知る方法は?

CTA-IMAGE チャリでシドニーから時計周りで一周中! しかも1週間に使える予算はYouTubeの再生回数に基づく!(現在、一時日本に帰国中ですが、必ずいつかゴールします。) まだまだ誰も知らないオーストラリアを先取りしたい方はぜひチャンネル登録よろしくお願いします!