【履歴書テンプレ有】豪ワーホリで仕事を探す方法+日本でのバイト探しとの違い

【履歴書テンプレ有】豪ワーホリで仕事を探す方法+日本でのバイト探しとの違い

いわゆるワーホリ生活はシドニーで行いました。なので、仕事探し&実際に仕事をしたのもシドニー。オーストラリアワーホリでの仕事探しの方法は多く情報が既に出回っているので、さらっと方法をお伝えしてから、日本とは違う仕事探しの雰囲気と重要視されるポイントをお伝えしていきます。

オーストラリアワーホリでの仕事探しをサラッとご紹介

多くのワーホリブロガーがこの情報を上げているので、サラッとおさらいするだけにとどめておきます。

履歴書(Resume)

もちろん英語で記載します。日本みたく、履歴書が売っていてそれに記入するタイプではありません。自分で一からワードなどで作ります。

履歴書(Resume)のテンプレ差し上げます。

Resumeテンプレート

でも皆さんは上から履歴書(Resume)のテンプレートをダウンロードしていただいて、編集していただければ時短になると思います。無駄な時間を省いて、英語力向上や文化の勉強に励みましょう!

履歴書(Resume)は基本アポなし手渡し

日本でバイトするってなると、まずタウンワーク、バイトルなどのサイトに行って応募をして、面接日時を決めて、面接時に履歴書を渡しますよね。でもオーストラリアは違います。基本、アポなしで『I am looking for a job.(仕事探してるんです。)』とか言って、履歴書(Resume)を渡していきます。日本でそんなことする人がいないから、変に思われると思いがちですが、そんなことありません。オーストラリアではそれが普通です。もし、心配という方は下の動画で雰囲気を感じてみてください。実際に履歴書配りをしてみました。

履歴書の印刷方法

日本みたくコンビニにプリンターがなく、印刷することができません。図書館かOffice Work(都市の市内と郊外には必ずある)というホームセンターで印刷します。まだ英語に自信がない・・・という方はプリンターの操作方法を動画でまとめていますので、実際に見ながら操作してみてください。

日本とオーストラリアの仕事探しの違い

採用基準(重視される点)

いわゆるローカルジョブ(オーストラリア人が経営しているお店などの仕事。※例:日本人がオーナーのお店はローカルジョブではない。)目線のお話です。

英語はコミュニケーションが取れるかが重要

言わずもがな英語力は必須です。サービスをお客様に提供する立場で公用語である英語でコミュニケーションが取れないのは厳しいです。サービスを提供しない立場でもスタッフ同士コミュニケーションをとって、協力することが求められるので厳しいです。

経験はとても重視される

オーストラリアでは経験がとても重要視されます。日本ではあまり経験を気にするお店が多くないと思います。よく初心者大歓迎!とか書いてあるし、高校生が初めてのバイト探しで苦労した話を聞いたことがありません。一方、オーストラリアではkitchen hand(キッチン)での経験があるか?アパレルでの経験があるか?はたまた英語を使って働いたことがあるか?など結構聞かれますし、雇う側は気にしている印象です。利益を出したい雇う側からすると当たり前です。なるべくトレーニングの時間を少なくして、即戦力になってもらいたいのはごもっとも。ボクも英語を使って働いたことがなく、20枚履歴書を配ってやっと1件連絡をもらえたぐらいでした。

実地テストがある!

日本では面接して、合格すれば●日から来てください。というように面接に合格すればバイトをすることができることがほとんどですよね。でもオーストラリアでは面接合格後実地テストを入れてくるお店が少なくありません。これも雇用主目線で考えれば、納得です。受け答えはできるけど、全然動けないのでは話になりません。態度や学習能力を見られます。

オーストラリアでの仕事探しだから気を付けること

気を付けろ①:意識が高い人が日本食レストラン以外に気を付けること!

ボクもジャパレス(日本食レストラン)は日本人しかいないので絶対に嫌でした。なので、ジャパレスを避けながら履歴書を渡していました。で、やっと面接までたどり着けたのがマレーシア料理屋さん。見事面接・実地試験に合格し、次の日から働き始めました。すると、スタッフのほとんどが中国人とインドネシア人。そして皆コミュニケーションする際に英語を使わない。。。シドニーには大きな中国人コミュニティがあって、中国人だけで固まって生活している方が多いです。なので、何年も住んでいるのに英語があまり話せない人が普通に見受けられます。そんな人たちがほとんどのマレーシア料理屋さんだったので、基本アゴ、よくて指で指示をいただいていました。(笑) 3日で辞めましたね。(笑)なので英語を伸ばしたいのであれば、日本食レストランは避けて、アジア系のレストランではスタッフのコミュニケーション言語を確認しましょう。

気を付けろ②:給料現金払い

特に移民(日本人も含む)が経営しているお店は現金で給料を払ってきます。(※もちろんちゃんと払ってくれる移民オーナーもいます。)理由は脱税です。銀行を通して払うと、税金を払わなくてはいけないので、バレないように現金で直接給料を支払いしてきます。そういうケチなところは基本、最低賃金より安い時給で雇ってきます。先述のマレーシア料理屋さんもそうでした。$15/時間(最低賃金は$24.36※2019年8月時点)先に確認しておかないと、あとからトラブルになりかねないので、気を付けましょう。

まとめ

日本とオーストラリアでの仕事探しには大きな違いがあります。仕事はやはり、生活の大きな部分となりますので、納得のいく仕事探しができるようにしっかり準備してくださいね!

もっと詳しくオーストラリアについて知る方法は?

CTA-IMAGE チャリでシドニーから時計周りで一周中! しかも1週間に使える予算はYouTubeの再生回数に基づく!(現在、一時日本に帰国中ですが、必ずいつかゴールします。) まだまだ誰も知らないオーストラリアを先取りしたい方はぜひチャンネル登録よろしくお願いします!