国際免許の取り方(大阪・門真運転試験場)

国際免許の取り方(大阪・門真運転試験場)

大阪・門真での国際免許(インターナショナルライセンス)の取り方をお伝えします。

旅行や留学、ワーホリに行くアナタにはご一読いただきたいと思います!

せっかく外国に行くなら、外国で運転してみたくないですか?

外国でのドライブも新しい体験で楽しいですよ!何事も経験!挑戦!

そんなチャレンジャーのためにこちらの記事を作成しました!

ちなみにワタシは実際に運転してみました!

よかったら予習材料にしてくださいね!

(チャンネル登録はコチラ!)

 

必要なモノ

・運転免許証(日本の)

・パスポート

・写真(5.0×4.0)⇒試験場の近くのオススメ写真屋さんも⇓で紹介してます!

・古い国外運転免許証(持っている人だけ)

アクセス!

京阪電鉄『古川橋』から歩きで行けます!20分歩きます。

※門真駅ではないのでご注意を!

20分も歩けへんわ!!という方はバスも出ていますので、ご利用ください。

京阪バス『免許試験場行』『門真団地行』『門真南行』に乗ってください。

※試験場までの道は一車線で結構混んでいました!ご注意を!

 

まずは国際免許に使う写真をGETしよう!

古川橋から門真免許試験場まで歩いていると、限りなく免許試験場の近くに写真屋さんがあります。

 

青い看板にカーライセンススクールと書いてありますが、ガラスドアのところに国際免許写真と書いています。

こちらが近くて、お店の人も丁寧で、アッという間に撮影も終わったので、間違いないと思います。

あとトイレもめちゃキレイでした!

注文の仕方は『国際免許用の写真が欲しいんですが』と言えばわかってもらえます!

 

写真はこんな感じで縦5cm×横4cmです。

2枚で確か600円くらいだった気がします。1000円は絶対にしないです。

あいまいですみません。。。

 

いざ免許試験場へ

こちらが免許試験場になります。

不安な方は献血センターが近くにあるか見てみてください。

外から見て右手にあります。

入口に入るとこんな看板と張り紙がありました。

1階の⑥が【国際免許の申請】ですね!

 

国際免許用の申請書を手に入れる!

少し奥まで入ると窓口があります。

今回は国際免許の申請なので、窓の上にと書いた

6番窓口に行きましょう。免許証を提示します。

そこで自分の免許証をコピーしてもらった申請用紙がもらえるので、その神に必要事項を記入します。

収入印紙を購入する!

次に2番の窓口に行って、収入印紙を購入します。

『国際免許です!』と言えばわかってもらえます。

料金は2,350円でした。

もらった収入印紙をなぜか貼らずにもう一度6番窓口へ!

国際運転免許証引換票をもらう!

もう一度6番窓口に来たら、

収入印紙・パスポート・写真・申請書を提出します。

すると引換票がもらえます。

提出した30分後にもう一度6番窓口に行けば、

めでたく国際運転免許証がもらえるという流れです!

もしパスポートを忘れてしまったら?

実はパスポートを忘れてしまいました。。。

何とかなりませんか。と訊いてみたところ意外な方法で行けました!

それはなんと!!

 

飛行機のチケットです!

エクスペディア(Expedia)から来ていたメールを近くのセブンイレブンでコピーして急いで持っていきました(^^;

何とかこれで取得させてもらえました!

危うく、一度家に帰ってから、改めて門真まで来ないといけないところでした(;’∀’)

国際免許で運転できる国一覧!

実は意外と多いんです。

せっかく国際免許を取ったのなら他の国で運転してみてはいかが?^^

   国及び地域
○アジア  フィリピン、インド、タイ、バングラデシュ、マレーシア、シンガポール、スリランカ、カンボジア、ラオス人民共和国、大韓民国
○中近東 トルコ、イスラエル、シリア、キプロス、ヨルダン、レバノン、アラブ首長国連邦
○アフリカ州 南アフリカ、中央アフリカ共和国、エジプト、ガーナ、アルジェリア、モロッコ、ボツワナ、コンゴ民主共和国、コンゴ、ベナン、コートジボワール、レソト、マダガスカル、マラウイ、マリ、ニジェール、ルワンダ、セネガル、シエラ・レオネ、トーゴ、チュニジア、ウガンダ、ジンバブエ、ナミビア、ブルキナファソ、ナイジェリア
○ヨーロッパ州 英国、ギリシャ、ノルウェー、デンマーク、スウェーデン、オランダ、フランス、イタリア、ロシア連邦、セルビア、モンテネグロ、スペイン王国、フィンランド、ポルトガル、オーストリア、ベルギー、ポーランド、アイルランド、ハンガリー、ルーマニア、アイスランド、ブルガリア、マルタ、アルバニア、ルクセンブルク、モナコ、サンマリノ、バチカン、キルギス、ジョージア、チェコ共和国、スロバキア、スロベニア
○アメリカ州 アメリカ合衆国、カナダ、ペルー、キューバ、エクアドル、アルゼンチン、チリ、パラグアイ、バルバドス、ドミニカ共和国、グアテマラ、ハイチ、トリニダード・トバゴ、ベネズエラ、ジャマイカ
○オセアニア州 ニュージーランド、フィジー、オーストラリア、パプアニューギニア
○特別行政区等 香港、マカオ、フランスの海外領土(フランス領ポリネシアなど)、アルバ、キュラソー島、シント・マールテン、ケイマン諸島、マン島、ガーンジー、ジャージー、ジブラルタル、アメリカ合衆国の海外領土(グアム、プエルトリコなど)

(引用:http://www.hakodatehonbu.police.pref.hokkaido.lg.jp/unmen/kunimei.html)

まとめ

・持ち物は日本の免許、免許用写真、パスポート、古い国外免許(これは持ってる人だけ)

・写真は免許試験場の近くで!

・窓口は6番⇨2番⇨6番の順番で!

・パスポートがなくてもEチケットのコピーでいける!(裏ワザ的な感じなので、オススメはしません!)

ちなみに国際免許の受付時間は、平日の8:45~12:00、12:45~16:30です!

国際免許を取って、旅行先でも運転して自由な旅を楽しんでくださいね!

 

もっと詳しくオーストラリアについて知る方法は?

CTA-IMAGE チャリでシドニーから時計周りで一周中! しかも1週間に使える予算はYouTubeの再生回数に基づく!(現在、一時日本に帰国中ですが、必ずいつかゴールします。) まだまだ誰も知らないオーストラリアを先取りしたい方はぜひチャンネル登録よろしくお願いします!